プロフィール
革見本
Blog
旧日記
こだわり
お知らせ
Links
スクール
製品紹介
お問い合せ
ご注文方法
TOPページ
KAWAIロゴマーク

CHG
2009/10/7
本日より、日記をブログへ変更。


submarner
2009/09/01
ロレックスサブマリーナ用ガルーシャ時計ストラップ。
こちらもスピードマスター同様、本体取り付け部は弓形でストッパー付きです。

ladies galuchet watch belt
2009/08/27
 またまたガルーシャの時計ベルト。
14/12レディースサイズで、ステッチありとステッチなし各一本づつを制作しました。
今回はガルーシャでもポリッシュタイプではなく、ノンポリッシュタイプになります。
 このポリッシュなしは初めの制作ですが、ポリッシュの様なモザイク、ステンドグラスとは違ったビーズを敷き詰めた様な雰囲気で、このタイプもかなりイケてます。

galuchet watch belt
2009/8/16
 オメガスピードマスター用に制作したガルーシャのベルト。
本体との取り付け部分は純正ステンブレス同様、弓形でストッパー機能を備えてるのが最大の特徴です。
ガルーシャ素材でこの仕様はなかなか見ることの出来ないレアな存在だと思います。

update
2009/08/01
ビジネスバッグページリニューアル&アイテム追加しました。


galuchat watch & key holder
2009/07/30
 デジカメを購入し、また写真が取れる様になりました。
ガールシャ製品のサンプル用にと時計ベルトとキーホルダー制作してみました。
サンプルといっても自分が使用するものなのだけれど。
まあ個人工房だから自分が営業マンだからねぇ〜

broken !!
2009/07/19
 ここしばらく不調続きのデジカメがとうとう逝かれてしまいました。
使い捨てと言うのは個人的には好ましいことではないと思って入るが、スペック的にも古し、特に愛着があるものではないので修理せずに買い替えとなることでしょう。
長い間ご苦労さまでした。と言うことで今回は画像なしです。

classic brief
2009/07/10
 酷い肩こりに悩まされて、大幅に時間をロスしてしまったが、リニューアル制作したクラシックブリーフがようやく出来上がりました。
価格を大幅に抑えるため9割方ミシン仕立てでの製作です。
服装を選ばず使えてかつ風格、存在感があるこの革鞄は、カブセ式ブリーフの中で私が一番好きなモデルです。

N&R
2009/06/29
 またまた久方ぶりの更新となってしまいました。
只今、 革鞄リニューアル&革鞄新規アイテムの制作計画を進行しております。
現在7型目を制作中!!
あと6型程、新規アイテムを制作する予定です。

galuchat
2009/04/26
 鞄が制作出来る大きさのガルーシャを入手!!
ガルーシャの加工技術の集大成として、これらで妥協なしのオールガルーシャの薄マチダレスを制作しようと思います。
出来上がれば滅多に見ることの出来ない稀な品物となることでしょう。
 まあ、オールガルーシャの馬蹄もそうそうお目掛かれるものでもないのだけれどもね。

stingrayV
2009/04/18
 ガルーシャで制作した馬蹄型小銭入れ。
妥協はしたくなかったので口巻き、内装ともにガルーシャで仕上げました。
この素材でこの品物を仕立てるのは労を要します。
 まずは裁断。直線的なものなら意外と簡単だが、曲線主体のこのデザインは、ガルーシャの最大の特徴である一面に敷き詰められたビーズの様なリン酸カルシウムの粒を割ることなくきれいに裁断するのには、ちょっとしたコツがあり、なかなか出来る物ではありません。
 次にパーツ漉き。この馬蹄では主材で一番薄いパーツで0.5mm厚。普通の皮革なんてことない厚ですが、ガルーシャではそうは行かない。
普通に漉きに掛けることのし難いこの素材は、表から削りをかけて薄くしていくのが常套手段だが、薄くするにしたがって粒がなくなってしまうので限界があります。そこである程度上から追い込んでおいて、更に漉き機の丸刃がボロボロになるのを覚悟でベタ漉きを掛けます。
まあ漉くのはいいのだけれども、その後の丸刃の欠けを修正するのが大変!!
こうして出来上がったオールガルーシャの馬蹄は、クールで妖艶な特別な魅力を放っています。

B&B
2009/04/07
ブライドルのタンとブッテーロのワイン。
どちらも良い感じです。

vegetable tanning leather
2009/03/19
 久しぶりにタンニン系の革でダレスバッグを制作中。
個人的にはエキゾチックレザーやクロム系カーフ素材が好みであるため、フルタンニン系の革では積極的な制作はしておりませんでした。
特にイタリア産のブッテーロでの制作は何年ぶりになるのだろう。
タンニン系の革に何年も目を向けていなかったので、ブッテーロの色数が増えているのも知らなかったと言う状況でありました。
今後は鞄制作においては、積極的にタンニン系皮革も取り入れて行こうと思っております。

stingrayU
2009/03/06
 ガルーシャで二つ折り財布、長財布、名刺入れをまとめて製作しました。
長財布は今回初制作になります。
素材の一部分を切る取る感じではないので、素材の持ち味を活かせる雰囲気に仕上がりました。
 この素材は裁断、漉き、縫製、コバ処理などの加工しにくい素材であるため、市場に出回っている商品の多くは縫製なしの貼り合わせ、他の素材を用いて額縁状にして仕立てる、他の素材でバインディング(縁巻き)する仕上げ、塗りコバ仕上げなど方法が用いられている商品が一般的だと思います。
 でも私はこれらの方法ではこの素材の持ち味は活かせてないのではと考えます。
これまでの経験して来た技術を駆使して、自分が納得出来る仕上がりで仕立てることが可能になったことは、とてもうれしいことです。
 次は内装も同素材を用いた馬蹄型小銭入れとラウンドファスナーを制作してみようと思っています。

Rolex
2009/02/24
 サブマリーナと革の時計ベルト。
この組み合わせ はどうなのかなぁ?と思っていたけど意外とマッチしていて、いい感じです。
今後は各サイズの時計ベルトを定番展開して行こうかと考えております。

What a pity!
2008/02/14
 オーダー頂いたチェルケスのブリーフケースが出来上がりました。
チェルケスで制作する革鞄はこれが最後になると思います。
フランスの革は色出しがうまく、発色がきれいで、このチェルケスは個人的にお気に入りの素材だっただけにとても残念が仕入れ先の扱いがなくなってしまいます。
今後はぺリンガー社orウェインハイマー社の型押しカーフでの展開となります。

renewal
2009/02/07
慣れないウェブ改装作業。かなり時間が掛かってしまったが、とりあえずレザーグッズページのリニューアル&アイテム追加が完了。
次は革鞄もやらねば・・・

stingray wallet
2009/02/05
ガルーシャで二つ折り財布を製作してみました。
クールな感じがカッコいいですねぇーこの素材は。ますますハマッテます。
次は長財布を製作してみっよと!!

Happy New Year 2009
2009/01/01
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。



[ TOP ]
[ Back ]