プロフィール
革見本
Blog
旧日記
こだわり
お知らせ
Links
スクール
製品紹介
お問い合せ
ご注文方法
TOPページ
KAWAIロゴマーク

L'ANGE NOIR
2008/12/23
南青山の骨董通りにアンジュノアールというちょっと特殊なセレクトショップがありましたが、先月をもって閉店してしまいました。
私は約4年程お付き合いさせていただき、大変お世話になりました。
クロコなど特殊素材を個人工房では普通考えられない位ふんだんに扱わせもらったので、この手の素材の扱い方はこのショップがあったからこそ自分のスキルとして身にに付けることが出来ました。
ネットを見ていたら2年ほど前に私が制作したカーボンブリーフケースちょっと前の記事ですがboqに出ていました。いやー懐かしいですねぇーなんか。
そんな訳で残念ではありましたが、このショップには感謝しております。

stingray
2008/12/17
以前は道具が傷むのがいやだったので敬遠していた素材ガルーシャですが、裁断、漉き、ミシン縫製、磨きの加工方法を確立させることが出来ました。
そんな訳でこの素材にかなりはまっています。
画像は時計ベルトになりますが、オールガルーシャで革鞄を仕立ててみたいものです。

STD
2008/12/11
自分が理想としていた革小物作りが確立しました。
革の質感は残しつつ薄く仕上げ、かつ堅牢であること。
縁返しは切り目磨きの様なコバ。切り目コバはどんな素材でも重ねた層が見えず完璧な仕上がりの切り目本磨き。
内装はオールレザー仕様で、主材の革には厚みを残し、裏張りは斜め漉きで厚みを抑えるのではなく、ベタ漉き0.1mmを貼る。
ということで、すべてを盛り込んでガルーシャの名刺入れを制作してみました。


edge
2008/11/29
蝋磨きの利点と欠点を補うために私が考え出した技法である樹脂含侵法。
どんな素材でも手早く、綺麗で発色良く、更に屈曲性に優れ堅牢に仕上がることが目的。
約一年掛けて技法が確立されて、今施しているやり方が恐らく私の中では完成形だと思う。
この技法を用いると、画像の様なガルーシャとシュリンクなどの磨き難い素材でも、簡単に切り目本磨きが出来る優れもの。

shoulder pouch
2008/11/25
3人のお孫さんへのプレゼントと言うことで制作したショルダーポーチ。
ふっくらとかわいらしく仕上がりました。
お嬢チャンたち喜んでくれるかなぁ?

personal exhibition
2008/10/26
昨日、友人の手縫い鞄職人である藤本氏の個展に行ってまいりました。
カメラを持って行くのを忘れてしまったので画像はありませんが、彼らしい緻密で完成度が高く、美しい手縫い革鞄が並んでおりました。
会期は明日まで明日までとなっておりますが、革鞄好きなら一見の価値のある個展ですよ〜。是非、足を運んで見てください!!
会場 ギャラリーR

limited release 3
2008/10/14
限定制作した二つ折財布を販売いたします。
興味のある方はこちらからお問い合わせください。
また現品を御覧になりたい方はアポイトメントの上、お越しください。

素材  表 シャイニングクロコ(ダークブラウン)
     裏 フランス産カーフ(キャメル)
ステッチ マシンステッチ カラー 同色
サイズ  w110mm*h90mm*d9mm
仕様  札入れ部2室、カード6室、多目的ポケット2室
価格  35,000円(税込み)
革の色はご使用されている画面の都合上、写真と多少異なる場合がございます。ご了承下さい


limited release 2
2008/10/14
限定制作した二つ折財布を販売いたします。
興味のある方はこちらからお問い合わせください。
また現品を御覧になりたい方はアポイントメントの上、お越しください。

素材  表 シャイニングクロコ(ネイビー)
     裏 フランス産カーフ(バーガンディー)
ステッチ マシンステッチ カラー 同色
サイズ  w110mm*h90mm*d9mm
仕様  札入れ部2室、カード6室、多目的ポケット2室
価格  35,000円(税込み)
革の色はご使用されている画面の都合上、写真と多少異なる場合がございます。ご了承下さい


completion
2008/09/18
オーストのトートバッグが完成しました。
オーストの持つ質感と雰囲気を最大限活かす様、仕立てに工夫を凝らし仕上げました。
自分では満足の行く仕上がりとなったが、オーナーさんにも気に入っていただけるかな?

ostrich
2008/09/14
只今、駝鳥革でトートバッグを製作中です。


mini
2008/09/06
私はミニが好きである。実際に15年程ミニに乗り続けている。
ただ環境も変わりつつあり、残念ながらそろそろ乗り換えようかなとも考えている。
本音を言えば愛して止まないマイミニであるから手放したくはないが、2台も所有出来る身分ではないもので・・・
やはり長年乗って来たミニだから、次もミニでということでBMWミニクラブマンをディラーで見てきました。
MK-1的なルックスで、外観や内装のレイアウトは現在所有しているエステートとよく似ている。
試乗してみますか?ということなので早速乗ってみました。
で、率直的な感想はというと、これはBMW製のミニというブランドの車であって、私が愛着を持てるミニではないなという感じ。
まあ、当たり前のことなのかも知れないが、なーんか万人受けする普通の車になってしまっていて、一気に覚めたと言うのが本音かなぁ。
いろいろな部分を考えても、たぶん私が所有することはないでしょう。

limited release 1
2008/08/31
限定制作した名刺入れを販売いたします。
興味のある方はお知らせページを御覧ください!

preference
2008/08/26
日記をサボっているうちに、8月も終わりに近づいてしまいました。
いけませんねぇーこんなことじゃ。
ついこの間、制作したトートバッグ。
国産牛革で判面を見たときに、うーん、どうかなぁ〜と思ったけど良い感じに仕上がりました。
どんな革でも仕立てが、しっかりしていれば見栄えが違う。
もちろん素材も重要だけれども、それ以上に仕立て技術が重要だと私は考える。経年変化は別としてだけれども・・・

coin case
2008/07/10
ニューアイテムとして制作したコインケース。
ポケットに入れてもがさばらない様、薄くかつ限界までサイズを詰めて仕上げました。
画像には写っておりませんが、背面に多目的ポケットも付けました。
WEBリニューアルとともに定番展開しようと思います。

shibori
2008/07/05
ご要望によりシステム手帳のペンホルダーを絞り技法で制作しました。
万年筆のアールに沿ってクビレを作るため、通常とは異なり、冶具を二つ制作しての2回絞りです。
仕上がりはウエルト革靴のアッパーをイメージしてもらうとわかると思います。
素材がコードバンで通常の渋革とは異なり、表面がコーティングされているため伸びにくく、かつ可塑性が無く、更に裏革にクロコを貼っているために更に加工しにくくなっています。
何度か失敗もしましたが、何とかまとめ上げることが出来ました。
予想外の展開に意外と難儀してしまいました。
通常の絞りとは違いミシンが掛からない仕立てのため、この部分だけは手縫いでの縫製です。

broken
2008/07/04
雨降りの中、マイミニを運転中ワイパーを動かしていたらバキッと言う音と共に、アームのバネが折れました。
現行の車では、まずないであろう出来事が起こるのがミニと言う車。
あーあぁ、しょうがねぇーなと思いつつも、こういうところがなんとも愛らしい車である。
こんなことを気にしていたらミニに乗って入られないからねぇ。

birkin
2008/06/30
いつかは制作することがあるんだろうなぁーと思っていたこのタイプの革鞄。
国産シュリンク革、内装ゴードで9割方ミシン仕立てで仕立てております。
使い易い革鞄だとは思えないが、男が持っててもかっこいいよなぁ〜。デザインは結構好みである。

surfing
2008/05/14
鵠沼に台風2号が残してくれたウネリを堪能しに、約2年ぶりの波乗りをしてきました。
サイズは腹〜肩、ブレイク早くダンパー気味だったので、うねりから乗れるロングだったらもっと楽しめたのかもしれないが、それでも久しぶりの波乗り十分に楽しんできちゃいました。(画像はカメラ持って行く忘れたので、先月27日撮影の穏やかな海の江ノ島)
午後には雨も止み晴れ間も出てきて、気分も良い。
やっぱサーフィンは楽しい。今シーズンは積極的に海に行っと!!

exhaustiveness
2008/5/11
イタリア産バッファローとドイツシュリンクのコンビで制作したミシン仕立ての二つ折財布。
内外装ともに他の革での切り替えなしのオールレザー仕様で、薄く仕上げるため内装パーツのほとんどが0.3mm、裏張りパーツは0.1mmと徹底的にベタ漉きし、更に先端0mmの斜め漉きも施しています。
中仕切りも誤魔化しなしのシュリンク共張りで、大変贅沢な仕様となっています。

harton
2008/04/24
フェザーベッドフレームには他社エンジンを搭載したものが多数存在している。
代表格といえばトラのエンジンのトライトン。
その他にもビンセントやベロ、BSAなど英車エンジンが主流の中、最近気になるのがH-Dスポーツのエンジンを積んだこのハートン。
造語のハートンというネーミングは個人的にはイマイチな様気もするが、フレームに収まったエンジンとの空間と造形バランスがドンピシャで、めちゃくちゃカッコいい!
と言うことで私の所有しているフェザーベッドはハートン製作計画に変更。てっ、いってもエンジン手に入れてないんだけどね。

custom bike
2008/04/10
トラをリビングに上げて早三年。
じっくりとバランスを見ながら、こつこつとカスタムを進行中。
ガーターフォークバージョンもイケてるとおもうのだが、カフェスタイルも捨てがたい。
どちらで進めて行くか悩ましいところで、ずっと眺めていると、どっちが好いのか解らなくなってくる。
ただなーんかバランス的にハードテイルが長すぎる感が、どうもにも気になるところである。

New fastener long wallet
2008/03/28
気が付けば桜は満開となり、忙しさにかまけてまたまた一ヶ月近く更新が滞ってしまいました。
ファスナー財布のリニューアルサンプルをドイツシュリンクで製作しました。
工法を見直し、コバの仕上げは内装オールへり返し、傷み易い外装のは切り目、縫製はミシン仕立てで仕上げており、価格に反映させて行こうと思っています。
WEBの改装が進んでいないので、販売時期はもうチョい先になりますが・・・

three fold wallet
2008/03/02
ほぼ二ヶ月ぶりの更新です。
寒かったので冬眠してました。と、いうのは嘘ですけど、冬は結構苦手なんですよねぇ、実は。
定番展開をしようと思い、三つ折財布を製作しました。
今まで採用していた工法を見直し、価格を抑えた形で販売しようと思っています。
現在展開しているアイテムも、すべて工法の見直しを検討中。
それに伴って少ーしコンセプトも変わってくるところもあるので、サイトもかなりいじらねばなぁーと思っているところです。

2008
2008/01/06
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
年末30日に10年間生活をともにしてきた愛猫が、掃除の最中に行方不明となりました。
ずっと室内飼いで外に出たことのない猫だけに、とても心配しましたが、2日に張り紙を見た方が保護して連れてきてくれました。
二日間どこで何をしていたのかは解りませんが、ほっと一安心。
と言う様な感じで2008年が始まりました。



[ TOP ]
[ Back ]